福島県教育庁打ち合わせと視察(9月5日)

気仙沼大島を後にし、福島県庁へ向かいます。
途中、福島県内の高校支援のお手伝いをしたいと手を上げていただいた半導体エネルギー研究所の岩城 裕司様と
合流し県庁の高校の所管である教育庁 教育総務課を訪ねました。
総務課の担当者は 主査の岩谷 明宏様です。

目的は原発避難地域から移転を余儀なくされ、仮設のサテライト校で授業を行っている高校のパソコン支援について、
どのように行うかの打合せです。(すでに浪江高校については実施済み、その他では双葉、富岡、小高工などがあります)

打合せに没頭してしまい、写真がありませんがご了承ください。

その後、以前に寄付を行った浪江高校サテライト校を許可をいただいて視察させていだだきました。



寄付したパソコン(提供:独立行政法人 大学評価・学位授与機構様)とプリンター(提供:株式会社シャノン様)は
有効に活用させていただいています。プリンタについては、教務室と各教室に配備しています。



寄付したThinkpadは問題なく動作しているとのことで、一同安堵致しました。
今後も、パソコン寄付による支援を実施していく上で励みになりました。

予告

この打ち合わせの結果に伴うパソコンの支援を11月14日・15日に行うことが決定しております。

この2日間で21校回る予定です。

この2日間の結果についてはこちらでご報告させていただきます。